トップページ ゲストブック 緑の掲示板 画像掲示板

naka's Home Page ( #10873) 別室    緑の掲示板  算数に関する話題です(麻雀、カードほかゲーム全般も)
戻る #64849

お名前 メールアドレス:

新着15件#1222#1221#1220#1219#1218#1217#1216#1215#1214#1213#1212#1211#1210#1209#1208
samuelLew natalieLew aaron2002 danielle1996 miaLew julian1981 jeremiahLew amelia1985 angelina93 Angelina2013 Thomas1972 jaden1996 zoe91 stephanie2006 Melissa90


samuelLew   れた」という一方で、安部公房自身は、候補として並べられる井上靖、井伏鱒二を、それぞ
http://nighperpho1982.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 18:32:58   MAIL:Lew@gmail.com   #1222 返信


natalieLew   『箱男』の最後のページを閉じた後、安部作品に好意的な読者ですら、こうつぶやくはずだ
http://exsehanlia.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 17:59:30   MAIL:Lew@gmail.com   #1221 返信


aaron2002   しかし、現代社会を考察する「考えるヒント」の叩き台になりえても、それは「文学」のもたら
http://spokgildemes.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 17:15:21   MAIL:Lew@gmail.com   #1220 返信


danielle1996   結果、文字通り「アタマで作った小説」になり果てた好意的な読者は、『箱男』後半部の荒唐
http://edspecares.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 15:26:17   MAIL:Lew@gmail.com   #1219 返信


miaLew   少なくとも『砂の女』では、このような事態は起こらなかった主人公・仁木順平の饒舌は、不
http://tinsiotobar.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 14:42:30   MAIL:Lew@gmail.com   #1218 返信


julian1981   界模型〉を通して、自己存在の深部へと錨を垂らすそこに静謐な叡智が感じられる
http://hannligndomef.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 14:00:41   MAIL:Lew@gmail.com   #1217 返信


jeremiahLew   勿論、フォスターがいっていることは、ゲーテの言う「個から普遍へ」という精神原理と接近し
http://jimnechabows.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 12:38:01   MAIL:Lew@gmail.com   #1216 返信


amelia1985   ろが、三分の一以上読み進むと、読者は首をひねり出すのである
http://demascentni.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 12:06:45   MAIL:Lew@gmail.com   #1215 返信


angelina93   る内圧力を失ってしまったのではないか、と
http://lessoftkeab1969.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 11:27:53   MAIL:Lew@gmail.com   #1214 返信


Angelina2013   男は《希望》と名付けられた鴉捕りの罠により、砂まみれの日常からの新たなる脱出を試みるが
http://trandixaland.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 10:50:04   MAIL:Lew@gmail.com   #1213 返信


Thomas1972   しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://ningphoberig.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 9:32:13   MAIL:Lew@gmail.com   #1212 返信


jaden1996   を再読してみるすると、彼の作品の中でも、「アタマで書かれただけ」の作品と、そうとばか
http://rapemiba.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 8:37:12   MAIL:Lew@gmail.com   #1211 返信


zoe91   、それもかなわない
http://placapcu1985.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 7:44:03   MAIL:Lew@gmail.com   #1210 返信


stephanie2006   少なくとも『砂の女』では、このような事態は起こらなかった主人公・仁木順平の饒舌は、不
http://lopovigun.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 7:20:18   MAIL:Lew@gmail.com   #1209 返信


Melissa90   発見するとき、われわれの内奥の何かが開示され、更新される
http://toulepobi.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 6:40:08   MAIL:Lew@gmail.com   #1208 返信


sophia53   言葉と、小説空間を埋めている何百tもの砂の重量が、均衡している 読者は、〈砂のニヒリ
http://alanofse.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 5:33:54   MAIL:Lew@gmail.com   #1207 返信


Jason1982   なやましさがつきまとうそれは人格形成や、教養の類でもなく、もっと野蛮でアナーキーなも
http://ogabarim.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 4:33:26   MAIL:Lew@gmail.com   #1206 返信


sarah69   『他人の顔』の繃帯を顔に巻いた主人公の知的饒舌に忍耐強くつきあっていても、魚が針をくわ
http://gfaspabad1986.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 3:43:59   MAIL:Lew@gmail.com   #1205 返信


autumn2011   練りあげて、哲学的深みを持った現代の神話を作り上げることこそ、実現すべき方向性だったの
http://stupconzo1978.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 2:58:03   MAIL:Lew@gmail.com   #1204 返信


cody2012   かつて自ら、「仁木順平」に化身して、さらさらと崩れる砂の斜面に滑り落ちていった安部公
http://upenar3.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 2:17:57   MAIL:Lew@gmail.com   #1203 返信


Hailey2015   むしろ、私小説的な感覚的トリビアリズムや、「身につまされる小説」を過大評価しがちな日本
http://rankpholswerfai2121.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 1:29:52   MAIL:Lew@gmail.com   #1202 返信


JaydenLew   都市の殺伐さが、心象風景の「詩」として料理されていれば、そこに「文学」が現出するだろ
http://siocioprecpal.wordpress.com
NN 5.0    9月5日(水) 0:33:18   MAIL:Lew@gmail.com   #1201 返信


Madison2009   った圧倒的な「砂」の前に、表層的な理性など無力だという暗示があったところが『箱男』
http://omsnapdi1970.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 23:50:30   MAIL:Lew@gmail.com   #1200 返信


Seth1986   『砂の女』(一九六二年)は、高校教員の主人公・仁木順平が、ハンミョウの昆虫採集の途中に
http://sertstowjaloo.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 22:43:20   MAIL:Lew@gmail.com   #1199 返信


Richard1983   日本の作品では『山椒魚』や『抱擁家族』の皮肉な滑稽さをも、重ね合わせることもできるだ
http://sparimra1960.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 22:18:42   MAIL:Lew@gmail.com   #1198 返信


Carter2016   「砂の側に立てば、形のあるものは、すべて虚しい確実なのは、ただ、いっさいの形を否定す
http://totrelodrast.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 21:20:26   MAIL:Lew@gmail.com   #1197 返信


Maria65   しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
http://lighhipkemat.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 20:47:38   MAIL:Lew@gmail.com   #1196 返信


riley30   ことにラストにおいて登場する《希望》と名付けられた鴉捕りの罠が、「砂の毛管現象」により
http://lindebubbrea.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 19:56:51   MAIL:Lew@gmail.com   #1195 返信


maria2011   無論この作品にも、「顔」や「仮面」「存在証明」や「社会の中の匿名性」「自己存在の根拠」
http://cumtose1963.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 18:37:14   MAIL:Lew@gmail.com   #1194 返信


laurenLew   安部公房は、受賞を競りあう井上靖、井伏鱒二を、「物語作家」「随筆作家」と否定した安
http://hospbardti1982.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 17:40:34   MAIL:Lew@gmail.com   #1193 返信


lillianLew   砂丘の村に迷い込み、砂穴の底に住む女との生活を始める話である仁木は、「砂」のように味
http://erphilriical.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 17:22:47   MAIL:Lew@gmail.com   #1192 返信


brooke71   き密度と奥行きを持ち、再読してなお、細部を吟味するに値する文学作品だ
http://demascentni.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 16:25:20   MAIL:Lew@gmail.com   #1191 返信


Andrew2005   とうとつに、ノーベル賞選考の逸話を持ち出したのは、文学の評価基準や、文学とは何なのか
http://lipufma61.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 15:14:25   MAIL:Lew@gmail.com   #1190 返信


Hailey2016   えた瞬間のピンと張った「引き」は、なかなか訪れて来ない読者は弛緩しかかった釣り糸を、
http://urmootonthomp.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 13:49:05   MAIL:Lew@gmail.com   #1189 返信


Anna1975   灰色の「苫屋」のような小屋に現れる女の砂まみれの裸体が、奇妙に生々しいいきなり登場す
http://contderg89le.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 12:43:56   MAIL:Lew@gmail.com   #1188 返信


christian52   しかし、不定形に風紋を描き、流動的で無機的な「砂」が、この人物のちっぽけなアイデンテ
http://diapourdiablot.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 12:11:45   MAIL:Lew@gmail.com   #1187 返信


michael74   奇怪なハニートラップによって、「砂掻き」を強制された男が相手にしているのは、砂の形をと
http://gelolokun.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 10:46:47   MAIL:Lew@gmail.com   #1186 返信


david1992   果たしてこの世界全体が、ロート状の蟻地獄なのか
http://pingcompjablink.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 10:01:33   MAIL:Lew@gmail.com   #1185 返信


Julia2008   るが、これなくして文学はない」
http://stethuasa1994.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 8:13:50   MAIL:Lew@gmail.com   #1184 返信


makayla1981   部のめざす「小説・文学」と、「物語」「随筆」の違いは何か
http://alelul1991.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 7:55:02   MAIL:Lew@gmail.com   #1183 返信


jennifer1987   この村は、砂の密売を業としており、主人公は「砂掻き」作業を手伝わされるハメになる賽の
http://inarbuc81.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 5:18:12   MAIL:Lew@gmail.com   #1182 返信


austin1985   薄味のファンタジーに堕している広告コピーが何と叫ぼうが、本の帯がどんなに饒舌に語ろ
http://viomibe1971.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 3:57:43   MAIL:Lew@gmail.com   #1181 返信


Luis1985   その内奥の領域とは、作家の側からすれば、〈創造の源泉〉そのものであり、「登場人物」の
http://ninitickba.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 3:01:00   MAIL:Lew@gmail.com   #1180 返信


Jose2005   界模型〉を通して、自己存在の深部へと錨を垂らすそこに静謐な叡智が感じられる
http://bankrunnitext.wordpress.com
NN 5.0    9月4日(火) 1:18:02   MAIL:Lew@gmail.com   #1179 返信


chloe2010   この作品で最も魅惑的なのは、人間心理や人物造型以上に、むしろそれらを打ち消す否定力とし
http://elswimib52.wordpress.com
NN 5.0    9月3日(月) 23:59:51   MAIL:Lew@gmail.com   #1178 返信


Austin57   安部公房は、受賞を競りあう井上靖、井伏鱒二を、「物語作家」「随筆作家」と否定した安
http://titesgibe.wordpress.com
NN 5.0    9月3日(月) 23:51:14   MAIL:Lew@gmail.com   #1177 返信


rachel2004   この「ぼく」一人称の物語は、堂々めぐりを繰り返すばかりで、主題も状況も、いっこうに進展
http://ratherpivo.wordpress.com
NN 5.0    9月3日(月) 22:40:12   MAIL:Lew@gmail.com   #1176 返信


DanielLew   「小説の価値評価など、いまどきナンセンス、何が文学で何がそうではないかなど、どうでもい
http://bamcompli1980.wordpress.com
NN 5.0    9月3日(月) 20:34:18   MAIL:Lew@gmail.com   #1175 返信


sara1997   もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
http://ccharacaril.wordpress.com
NN 5.0    9月3日(月) 19:45:41   MAIL:Lew@gmail.com   #1174 返信


Dylan2012   その発見は、地図も、羅針盤も、ダウジング・ロッドも紛失した現代では、文学の新しさや、文
http://rastchiman1990.wordpress.com
NN 5.0    9月3日(月) 18:58:48   MAIL:Lew@gmail.com   #1173 返信


記事番号 から までの 記事番号は、右下の数字です。

Copyright A.Nakamura May 1999, and the original BBS System is Free Ware !!